R-1グランプリ優勝街裏ぴんくのファンタジーネタのアンパンマンで皆爆笑?プロフィールや芸歴まで!

広告

街裏ぴんくさんはファンタジー漫談や架空の漫談を「経験した話」として繰り広げ、人気を博していますよね。

街裏ぴんくさんは体験談という形で奇妙な設定やファンタジーストーリーを語るのが得意で、多くのファンを魅了しています。その中で、特に「アンパンマン」のエピソードやオチが面白いと評価されています。

お笑いファンの間では面白いと評判されています。街裏ぴんくさんの漫談を見たら「面白すぎる…」と思うはずですよ。是非みてみてください。

 

R-1グランプリ優勝街裏ぴんくのファンタジーネタのアンパンマンで皆爆笑?プロフィールや芸歴まで!

等についてまとめました。

 

広告

街裏ぴんくのファンタジーネタのアンパンマンで皆爆笑?

彼の漫談は時は予想外の展開を見せ、観客を驚かせることもあります。

また、「ジャムおじさん」の登山靴のシーンについても好意的なコメントが寄せられ、彼の作品には、他のキャラクターやテーマとの関連性も見られ、ファンからの支持が集まっています。

 

 

チョコチップ

街裏ぴんくさんとアンパンマンはが同じ誕生日だそうです。運命ですね。

 

アンパンマン漫談は、リアルな調子で架空の体験を喋るので、ファンからの面白いと人気が高いです。

 

まさま
アンパンマンは皆が分かる人気キャラクターだから、漫才の流れも想像しやすいよね。私はアンパンマンとマクドナルドの漫談を二本立てでてみた時は爆笑してしました。

 

街裏ぴんくさんは、ウソをついているシャツを着ています。

 

アンパンマン漫談は、リアルな調子で架空の体験を喋り、本当のことを話すという特異な特徴を持っています。←言葉にすると、少し紛らわしいですね。

 

彼の漫談は現実に起こりそうな出来事を題材にしており、その面白さは電車の中ですら笑いが止まらないほどである。特に、アンパンマン漫談の幻の1話は、ありそうでありながら怖さも兼ね備えていて、ファンを惹きつけています。

 

チョコチップ
朝一番にアンパンマン漫談テレビで放送してくれれば、1日笑いの絶えない日になりそうですね。

※もちろんアンパンマン漫談だけでなく、他の漫談も面白いですよ。

広告

街裏ぴんくプロフィールや芸歴!

街裏ぴんくさんは、貫禄のある雰囲気や体格、話し方から年齢は40代後半ぐらいかと思っていましたが、ギリギリ39歳みたいです。では街裏ぴんくさんのプロフィールを紹介していきます。

 

街裏ぴんくさんのプロフィール↓

  • 芸名: 街裏ぴんく
  • 本名: 島谷洋平(しまたに ようへい)
  • 生年月日 : 1985年2月6日放 (39歳)
  • 年齢: 35歳
  • 出身地: 大阪府堺市
  • 身長: 178cm
  • 体重: 110kg
  • 配偶者: あり
  • 学歴: 神戸学院大学卒業(ノンスタイルの井上さんなど卒業生)
  • 趣味 : 中高年観察、 アホソング作り
  • 特技:有名人の目撃談
  • 特技 : 甘い歌声、 街で絡まれない
  • デビュー :2007年
  • 事務所 : トゥインクル・コーポレーション(最初は松竹芸能に所属しかし1年足らずで退社、その後 吉本ではオーディション受けるが不合格)

 

 

まさま
街裏ぴんくさんは大阪府出身のお笑いタレントなんだって。

 

街裏ぴんくさんは小さい頃、内向的で友達も少なかったんだって。一人で家で人形遊びを楽しんでいたそうです。←今では想像がつかないですね…。

 

でも、小学校4年生のときに藤井隆さんのギャグをしてみたら、クラスで一気に人気者になったんだって!

 

チョコチップ
藤井隆さんの自身のギャグ「ホットホット!」ですかね?「ナンダカンダ」という歌もありますね。

高校時代、休み時間に先生の物まねをして架空の授業を開いたところ、他のクラスからもたくさんの人が見学に来るほど大盛況だったそうです。この経験が架空漫談というスタイルの原点になっていると思われます。

 

高校2年生のときに、漫才の相方となる友達(今はYoung Yujiro)と出会って、一緒にR&Bのクラブシンガーとして活動を始めています。

 

まさま
その頃から、ウソ…いや…ファンタジーのお話をするのが好きだったみたい。

2004年、神戸学院大学に通いながら漫才コンビ「裏ブラウン」を組んだが、結成してから3年後にコンビが解散しちゃったんだって…。

 

2005年 かわ長介主宰の 『魁塾』 に入り、その後、2007年に「街裏ぴんく」っという名前でピン芸人として活動し始められています。

 

最初は松竹芸能に入ったけど、1年くらいで退所しされています。それから、吉本新喜劇に出たかったけど、不合格で入所は叶わなかったんだって…。

 

それで、2012年に上京して浅草リトルシアターで修行をつみ、そして、2014年5月にトゥインクル・コーポレーションに所属されています。

 

街裏ぴんくさんのお笑いのスタイルは「ファンタジー漫談」で、奇妙なお話をするのが得意とされています。そのユニークなスタイルでたくさんのファンを魅了しています。

 

鶴瓶がさんと放送作家の鈴木おさむさんが街裏ぴんくさんを絶賛しています。鈴木おさむさんは街裏ぴんくさんを「第2のタモリ」とか「第2の鶴瓶」と呼んでいたり、とくタネに登場し話題に…。

またとくダネに街裏ぴんくさんが登場し、カズレーザーが私の1本として紹介されています。

 

街裏ぴんくさんをもっとテレビで見たいですね。これからも、街裏ぴんくさんの活躍に期待ですね!

 

広告

なぜ街裏ぴんくという芸名なの?

街裏ぴんくさんは大学のときに「裏ブラウン」という名前のコンビをを組んでいたそうで、「街裏ぴんく」の特徴的な風貌と、芸名の色の対比は、意図的な改名によるものだとされています。

 

それから、一人での活動になっても「裏」という部分は残したいという気持ちを強くもっていて、色は怖くないって理由で、「ピンク」を選ばれたみたいです。

 

まさま
見た目とキレ芸で、お客さんが怖がらないように、可愛い色を選んだみたい。

こんな風にして「街裏ぴんく」という名前がつきました。見た目も名前も、一度見たら忘れられないくらい印象的だから、芸人としてはすごくいい名前ですね!

 

街裏ぴんくの功績

  • 2017年 R-1ぐらんぷり大会出場 準々決勝敗退。
  • 受賞歴:第7回トゥインクル1グランプリでの優勝。
  • Be-1グランプリ2022での優勝。
  • 2024年 R-1グランプリ決勝進出。

 

広告

街裏ぴんくの活動

  • 現在のレギュラー番組:BSフジの「冗談手帖」と、Radiotalkの「ラジオ・イノシシ」に出演。
  • 連載:スクウェア・エニックスの「街裏ぴんくの有名人目撃録」をTwitterで連載中。

 

街裏ぴんくは結婚している?

街裏ぴんくさんが結婚していることを調べたところ、奥さんがいることが分かりました。奥さんは一般の方で、お笑い芸人のフットボールアワーさんのファンだそうです。
2人は街裏ぴんくさんのライブに行って知り合い、交際が始まり、結婚したようです。
まさま

家庭ではお笑いの雰囲気があるそうで、夫婦漫才をしているのかもしれませんね。

 

街裏ぴんくさんの活躍には幸せな家庭があることを期待します。

 

広告

まとめ

この記事は「街裏ぴんくのファンタジーネタのアンパンマンで皆爆笑?プロフィールや芸歴まで!」についてまとめました。

 

  • 街裏ぴんくのファンタジー漫談や架空の漫談が「経験した話」として観客を楽しませています。
  • 街裏ぴんくさんは体験談という形で奇妙な設定やファンタジーストーリーを語るのが得意で、特に「アンパンマン」のエピソードやオチが面白いと評されています。
  • カズレーザーさんが「面白い私の1本」として紹介して、また放送作家の鈴木おさむさんが街裏ぴんくさんを絶賛しており、「第2のタモリ」とか「第2の鶴瓶」と称しています。

 

今後は街裏ぴんくさんをもっとテレビで見たいですね。これからも、街裏ぴんくさんの活躍に期待しましょう!

関連記事

R-1グランプリ2024の優勝者は誰が選ばれるのでしょうか? 日本最高峰のピン芸人を決定する競技大会の準決勝が行われました。ピン芸人が披露するネタの面白さや斬新さに対する興味気になりますよね。 準決勝で戦った芸人[…]

関連記事

R-1グランプリ2024を見逃してしまった時は、とても残念で落ち込みまよね。 特に待ち望んでいた番組の場合は、自分のミスを悔やみます。また、話題になっている番組やイベントに参加できなかったことで、周りの人との会話に参加できない[…]

関連記事

R-1で活躍されている笑顔が可愛らしい真輝志さんはどのような方なのか気になりますよね。彼がどのようにお笑いの世界に入り、どのように成長してきたのかまとめました。 彼の活躍を支える経歴[…]

関連記事

どくさいスイッチ企画さんは、大阪のアマチュア芸人界では一目置かれる存在として評価されています。 日常では社会人として働きながらも、時にコントでは「どくさいスイッチ企画」、落語では「銀杏亭魚折」、大喜利では「ウォーリー」といった名前で活[…]

関連記事

トンツカタンお抹茶さんのネタは面白く、R-1グランプリ2024では決勝戦に勝ち進んでいます。 まだそこまで露出は多くないトンツカタンお抹茶さんですよね…。 トンツカタンお抹茶さんは「トンツカタン」というトリオのメンバーの1人です[…]

関連記事

お笑いの世界には、ピン芸という演技の幅が広く、中には音や映像を使ったフリップ芸を開拓する芸人さんも沢山いますよね。 その中でも、メキメキと1人コントの実力をあげ、今ではテレビで芸人吉住さんを見ない日はないくらいに出演されています。 […]

 

広告
広告