沖縄のテーマパークJUNGLIAジャングリアはUSJなの?どんなアトラクションがあるの?

沖縄に巨大なテーマパークができるというニュースを最近よく目にしますよね。

また、同時にUSJという言葉もニュースやネットでよく耳にしますが、沖縄にできる巨大なテーマパークはUSJなの?

そんな皆様の疑問をスパーっと解決します。

沖縄にUSJのテーマパークができるの?
JUNGLIAジャングリアってどんなデーマパーク?

についてまとめました。

 

沖縄にUSJのテーマパークができると言われる理由

JUNGLIAジャングリアのテレビやニュースを見ていると、沖縄北部にUSJができるの?と思ってしまうことが多くありませんか?

しかし沖縄のテーマパークJUNGLIAジャングリアはUSJではないんです。

では、なぜ沖縄のテーマパークの話題になるとUSJと言う言葉がでてくるのか?

それは沖縄新テーマパーク「JUNGLIA(ジャングリア)」に森岡 毅さんがかかわっているからです。

 

森岡 毅さんって誰?

現在森岡 毅さんはマーケティング精鋭集団{株式会社刀}代表取締役CEOをされています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを立て直した人物として知られ、「日本を代表するマーケター」なんです。(他にも丸亀製麺、ネスタリゾート神戸などがあります。)

 

 

 

まさま
林先生の初耳学にも出演されていました。

 

以前沖縄でのUSJ設立計画があった?

沖縄でのUSJ設立計画があったのですが、計画が進まなかった理由として、戦略的なビジネス上の考慮、潜在的な市場競争、そして既存施設の強化に焦点を当てる意向によるものであったため、実現しなかったと言われています。

 

テーマパーク「JUNGLIAジャングリア」ってどんなテーマパーク?

2025年に予定されている沖縄の新しい顔、「ジャングリア」というテーマパークは、沖縄の自然豊かなやんばるの森を背景にし、まるで夢のようなアトラクションの宝庫になっています。

どんなテーマパーク「JUNGLIA(ジャングリア)」なのか説明していきますね。

 

皆さまはもうJUNGLIA(ジャングリア)イメージ動画見ました? これは楽しみすぎますね↓

 

 

 

「ジャングリア」のコンセプトは、「パワーバカンス!超興奮、贅沢、本能を貫く解放感」と銘打たれており、訪れるゲストに対して超興奮と贅沢な体験、そして本能的な解放感を提供することを目標にしています。

パーク内では、恐竜や刀をテーマにした様々なアトラクションが設置される予定です。

現在分かっているアトラクションの内容は↓

これぞ「没入体験」!サファリにいる恐竜から逃げるサファリライド?
空中を滑るスリル満点のジップラインや吊り橋でジャングルを駆けぬける冒険!?
高空からの気球体験ができ、上空から広大な景色を見たり、綺麗な海を見れる?

 

 

まさま
CMでは、大きな恐竜に追いかけられるシーンや、気球でシャンパンを飲んでる方もいますね。

 

 

特に、恐竜をテーマにしたアトラクションは、最先端のアニマトロニクス技術を駆使してリアリズムにこだわり、ゲストを「ジュラシック・パーク」のような世界に引き込むことになると予想されます。

 

チョコチップ
大きい恐竜もいるみたい!恐竜がリアルに襲ってくるような感覚かな?

 

これらは訪れるゲストの想像を超える体験をすることになりますね。

また、他にもパーク内にはスリル満点のアトラクションが用意されています。

 

ジャングルの中にインフィニティスパやレストラン!

ジャングル内にインフィニティスパやレストランが設置され、ジャングルを1人じめできるよな空間になっていて、訪問者には贅沢な時間を過ごす機会が提供される予定です。

 

 

インフィニティスパ

JUNGLIAジャングリアの大自然の中で、スパと周囲の美しい自然景観が見事に融合しているスパは素敵ですね。

周辺の風景が温泉のスパと一体化しているように感じられ、壮大な自然の中でリラックスできます。森が広がるパノラマビューや、朝焼けや夕焼け、夜になると星空の下ので入れるスパは、究極のリラクゼーションですね。

 

まさま
ジャングルの中で、インフィニティスパで癒されたり、ご飯を食べることげできるなんてすごい。

 

チョコチップ
インフィニティスパでは、お湯にもこだわっていて、ジュラ紀の地層にあたる1600mぐらい掘った所からくみ上げているお湯みたい。

 

絶景を楽しめるレストラン

絶景を楽しめるレストランは、ご飯を食べるアトラクションと言ってもいいんではないでしょうか?

自然との一体感とバケーションとしての贅沢さを融合させた独特の体験を生み出すされています。

 

まさま
空飛ぶ恐竜の巣?みたいなレストランですね。食事の味が美味しかったら最高ですね。

 

チョコチップ
恐竜がいる自然の中でリッチな感じなんて、斬新だ。

 

総事業費は約700億円に上り、2025年夏のグランドオープンに向けての準備が進んでいます。

このように、「ジャングリア」は沖縄に新たな魅力をもたらす大型プロジェクトであり、その開園が地域の観光業に与える影響は計り知れないものがありそうですね。

 

沖縄の美しい自然と革新的なアトラクションが融合したJUNGLIAジャングリアは、国内外からの観光客を引き寄せ、新たなエンターテイメントの中心となることが期待されています。

 

JUNGLIAジャングリアのCMを見ているだけでも、まるで映画を見ているような感覚ですよね。実際にそんな体験ができるなんて信じられないです。早く行ってみたいですよね。

 

JUNGLIA(ジャングリア)料金体系

シンプルにワンデーチケット制を採用。(料金未発表)

 

まさま
 シンプルな料金体制で難しくなくていいすね。

交通の便はどうなるの?

JUNGLIAジャングリアまでの道のりは、今の所シャトルバスで空港から1時間半ぐらい、あとはレンタカーがあります。

 

チョコチップ

海外からの観光のお客さん増えそうですね。今のままじゃ交通の便が、悪そうですね。沢山の方が、旅行や観光にくるなら、空港やクルーズ船のインフラの拡充もしていくなかな?

まさま

沖縄に行く飛行機代やホテルも今より高くなりそう…(´;ω;`)ウゥゥ

 

また、沖縄は夏場は台風が多いく上陸します。その場合、野外のアトラクションはどうなるのか?そのような場合の解決策はあるのでしょうか?

JUNGLIAジャングリアでは、将来的に隣接地に更なるアトラクションや宿泊施設を追加する計画もあるので、この計画の中に台風が上陸した場合の解決策があるのかもしれませんね。これによりJUNGLIAジャングリアはゲストにとって長期滞在にも適した目的地となりそうですね。

 

大自然を活かしたJUNGLIA(ジャングリア)テーマパークは東京ドーム何個分?

約60ヘクタールで東京ドーム約12.83個分で、面積はディズニーランドやUSJよりも広いです。

チョコチップ

このJUNGLIA(ジャングリア)は、今帰仁村と名護市に跨る広大な土地に建設中で以前はゴルフ場だったみたい、ゴルフ場の時よりも木が増えているって、自然愛が感じられるね。

 

 

JUNGLIA(ジャングリア)がオープンすることで沖縄はアジアのハワイになる?

JUNGLIA(ジャングリア)をオープンすることで、沖縄が「アジアのハワイ」になると言われています。

理由には、その地理的な利点があるみたいです。

 

沖縄は、3〜4時間のフライト圏内にあるアジアの主要都市から3億人以上がアクセス可能で、これはハワイよりも有利な点でがあります。

さらに、この人口圏は経済的に成長しており、今後も増え続ける海外旅行者にとって魅力的な目的地となっています。

沖縄の自然資源も大きな魅力の一つで、美しい海や離島、ヤンバルの森などは、まだ十分に活用されていない可能性を秘めてあり。さらに、独自の音楽や食事、日本文化の入り口としての役割も沖縄の魅力を高めているみたいです。

 

口コミ

東京都:山田 花子(20歳・女性)

恐竜に追いかけられてハラハラ感が味わいたい。

沖縄なのに、メインが海じゃないのが珍しい感じがする。

沖縄にこれ目当てで早く行きたい。宿泊が何泊か伸びそう( ^ω^)・・・

CM見るだけでも絶対行きたくなりますよね。サファリの臨場感がすごく、1~2日の滞在では足りないですよね。

 

 

 

まとめ

この記事では…「沖縄のテーマパークJUNGLIAジャングリアはUSJなの?どんなアトラクションがあるの?」について紹介してきました。

  • 沖縄北部に計画されているのはUSJではなく、JUNGLIAジャングリアという新しいテーマパーク。
  • JUNGLIAジャングリアには今まで、体験したことのないような夢のようなアトラクションをがあります。「
  • アトラクションはサファリライド、ジップライン、吊り橋、気球体験など、スリル満点のアトラクション等が用意されている。
  • ジャングル内にインフィニティスパやレストランを設置されていて、森の自然と贅沢さを融合させた独特の体験をできます。
  • 2025年夏のグランドオープンが予定されていて、料金体系はシンプルなワンデーチケット制です。

2025年夏OPENのJUNGLIAジャングリアで恐竜に追いかけられるなど、未知の体験を楽しみましょう。