任天堂ファンのためのおすすめ京都聖地巡り!観光スポット15選!

広告

ニンテンドーミュージアムのオープンの時期が近づいてきて、京都で聖地巡りを考えてい方も多いのではないでしょうか?

 

京都で聖地巡りで知っていると、思わず誰かに自慢したくなるような場所を集めてみました。

 

「あのゲームがこの場所で!?」「こんなところに聖地が!「任天堂のウワサ」からはじまる、新たな京都の一面を実際に体験し「プレイ」してみて下さい。

 

任天堂ファンのためのおすすめ京都聖地巡り!観光スポット15選!
今後調査し分かった情報は追記していきます。ので楽しみにしていてください。
広告

任天堂ファンのためのおすすめ京都聖地巡り!観光スポット15選!

任天堂ファンにとっての究極の聖地巡礼をご紹介します。

 

京都に根ざす任天堂の歴史が、ゲームのマップやキャラクター名に織り込まれていることを知っていますか?

 

「ゼルダの伝説」の広大なマップは京都の地図がベースになっており、その他のゲームにも隠されたローカルな場所が散りばめられています。

 

この記事では、その秘密とともに、訪れるべき京都のスポットを紹介します。

広告

「ゼルダの伝説」シリーズのマップには、実は京都の地図が元になっている?

「聖地」という言葉は、元々は創始者の「墓地」や「仏壇」などを指す言葉でしたが、今では作品の舞台になった場所を示す意味で使われるようになりました。

 

この言葉の変化は、任天堂が本社を構えるこの地域が、ファンにとっての聖地巡礼の起点となっていることを物語っています。

 

任天堂はしばしば、情報を隠しておくことでファンに自ら探求させるスタイルをとる傾向があります。「見つけてみてね」というのが、彼らの典型的なやり方ですよね。

 

まさま
その隠れていることが分かった時はとっても嬉しいですよね。

 

また、任天堂が京都に根ざしていることはよく知られていますが、その影響は直接的な現実の場所だけに留まらないこともあります。

 

ゲームの中に織り込まれた地元京都の目印を見つけるのは、プレイヤーにとって興味深い探索の一部となります。

 

「聖地」という言葉は、元々は創始者の「墓地」や「仏壇」などを指す言葉でしたが、今では作品の舞台になった場所を示す意味で使われるようになりました。

 

この言葉の変化は、任天堂が本社を構えるこの地域が、ファンにとっての聖地巡礼の起点となっていることを物語っています。

 

任天堂はしばしば、情報を隠しておくことでファンに自ら探求させるスタイルをとる傾向があります。「見つけてみてね」というのが、彼らの典型的なやり方ですよね。

 

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年にリリースされたゼルダシリーズで初めてオープンワールド形式を採用したタイトルになっています。

 

 

 

まさま
このゲームの広大なフィールドは、どうやら京都の地理が参考にされているようです。

多くのプレイヤーは、ゲーム内のフィールドが具体的な京都のランドマークを模しているわけではないと感じるかもしれませんが、実はその設計には京都の地図が使われています。

 

このゲームの開発ディレクター、藤林秀麿氏は複数のインタビューで、ゲームの世界観作りに京都の地図を用いたことを明かしています。

 

オープンワールドゲームを制作する上で、どのような広さが必要か、建物の配置はどうあるべきか初めての試みだったため、京都の地図が役立ったのです。

 

藤林氏は「二条城から京都タワーまでの距離感を理解するために、実際にスタッフが京都を歩いた」と言われています。

 

チョコチップ
ゲーム内の距離感やスケールが現実に即したものになっているだって!!

 

広告

京都タワー

京都で任天オタクが押さえておくなら京都タワーです。

 

 

・「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

・「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」

広さのモデルとなった京都市を一望できる場所となっています。

 

広告

京都国際マンガミュージアム

任天堂の歴史に関連する展示が見られることもあります。

 

京都国際マンガミュージアムは、マンガに特化した施設であり、日本国内外のマンガ作品や関連する展示が豊富に行われています。

 

任天堂自体はビデオゲーム企業であるため、直接的な展示があるかどうかは、その時々の企画で違います。

 

京都国際マンガミュージアムで、任天堂のビデオゲームに関連する展示が行われることはありますが、これは特定のイベントや特別展示に限られることが多いです。

 

たとえば、ビデオゲームの歴史や、ポップカルチャーに与えた影響をテーマにした展覧会などで、任天堂のゲームやキャラクターが取り上げられることがあります。

 

なので、もし任天堂に関連する展示を見たい場合は、事前にマンガミュージアムの公式ウェブサイトをチェックするか、直接問い合わせて、展示のスケジュールや内容について確認することをお勧めします。

 

広告

旧任天堂本社跡地 ホテル「丸福樓」

旧任天堂本社で 任天堂の起業初期の場所になります。

 

まさま
聖地ではあるがホテル「丸福樓」にご迷惑をかけないよう、遠目から巡礼を・・・。

この「丸福樓」は1930年(昭和5年)旧任天堂本社だった場所をリノベーションして宿泊施設にしています。

 

 

創業家の目には見えない存在を感じることができ、任天堂の原点”に触れることができる心躍る場所になります。

 

旧任天堂本社 は、任天堂が花札やかるた、トランプなどを製造していた頃の社屋で、房治郎氏の住居としても使用されていました。

 

チョコチップ
「丸福樓」宿泊できたら最高だろうなー。

山内家による任天堂の歴史を体現したライブラリー「dNa」もあり、任天堂ファンやゲーマーであれば一度は泊まってみたいホテルです。

 

任天堂ファンの間では聖地のひとつになっていて、館内にある2階にある「dNa」は初代ファミコンや花札などファンが胸を踊らすコレクションが飾られています。

 

デジタルアートの花札展示や、初代ファミコンを含む歴代のゲーム機の展示があると多くのメディアが伝えています。

 

丸福樓の情報に詳しい人々からは・・・↓

・「一般的な企業倫理では出来ないことをしてい「自由すぎる展示」がすごいんです」とい言われている。

「聖地」は、今や作品の舞台となった地を意味するようになりました。

 

しかし、創始者の「お墓」や「仏壇」という本来的な意味での聖地であることが、この地に本社を留め、この後に続く“任天堂の聖地巡礼”を可能にしていると思われます。

 

任天堂本社ビル

まさま
生まれ変わったら入社したい・・・。

2027年には現本社横の土地にゲームの研究開発に特化した第二開発棟が竣工予定です。

 

チョコチップ
こちらで任天堂のゴロと共に記念撮影をする人の姿たくさん見られます。

任天堂本社開発棟

ニンテンドースイッチやスプラトゥーンはこの任天堂本社開発棟で開発されたのでしょうか?

 

世界から人気のある任天堂キャラクターがここで開発されたと考えるだけで、めちゃくちゃ心が熱くなります。

 

任天堂の顔の企業ゴロは1982年から使用されています。

 

以外にもファミコンの時代(1983年)より使用されているんですね。

 

まさま
開発棟の敷地面積は約4万m² 総工費はなんと・・・190億円

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社といえば、1300年の歴史を持つ全国の「お稲荷さん」の総本山です。

 

京都屈指の観光名所で、任天堂の旧本社ビルや任天堂がかつて製造していた花札やトランプに描かれた場所になります。

 

 

STARFOXはこのお稲荷さんがモデルとなってた。

この場所から、「STAR FOX」が戦闘機で宇宙を飛び回る任天堂のシューティングゲームが生まれたと聞くと、あなたは信じるでしょうか?

 

「スターフォックス」シリーズの主要キャラクターでがキツネ型である理由は・・・?

 

任天堂の旧社屋が位置していたのは、伏見稲荷大社に近い地域で、この神社は狐を神の使者として崇拝しています。

 

伏見稲荷大社は千本鳥居で有名で、これらが連なる様子はまるで無限に続く鏡のように見えます。

 

この鳥居を通過する体験からインスピレーションを得て、「鳥居」という言葉が連想ゲームのように「伏見稲荷」とつながり、最終的には神社で敬われる「狐」のイメージがフォックス・マクラウドのキャラクター設定に取り入れられたと考えられます。

 

チョコチップ
色んなものを加えたキツネがいた。かなり人出も多い人気スポットだった。

 

伏見稲荷大社と言えばキツネの神様、というイメージが強いかもしれませんが・・・

実はそれは違います。

では、稲荷神社の象徴でもあるキツネさんはどのような存在なのでしょうか?

キツネは、神様の眷属(けんぞく)なのです。

眷属(けんぞく)とは、神様の使者という意味です。つまりキツネはお稲荷さんの使いということになります。

 

十条通

 任天堂は観光客が足を踏み入れない「意外な場所」がゲームの舞台になることが多いです。

 

 

内累計100万本以上の大ヒットとなった『スプラトゥーン』。このゲームは16種類のステージから構成されているのだが、そのなかに「デカライン高架下」と名付けられたステージがあるんです。

 

「デカライン」はその最も南にある「十条通」を指しているらしい。

 

任天堂リサーチセンター

京都市東山区にある任天堂の研究開発拠点になります。

 

かるたやトランプ製造を主力としていた『任天堂骨牌』時代の1959年から、京都市南区に移転する2000年まで本社として使用されていた場所です。

 

現在はリサーチセンターとして使われています。

 

 

まさま
しかし任天堂の社屋は四角い。

 

任天堂本社のある南区上鳥羽鉾立町(ほこたてちょう)

任天堂のゲームに登場する京都ネタは意外にわかりづらいですよね。

 

〒601-8501 京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11−1

 

 

まさま
わざと説明せずにこっそり忍ばせている小ネタも多く、普通にプレイしているだけの人は、ほとんどスルーしてしまう。

 

都ネタといえば、きわめつきが『あつまれ 動物の森』に登場した京都のペナントの事ことを思い出します。

 

「あつ森」では「京都」という大きな文字の横に金閣寺と清水寺と大文字という王道の京都ペナントがアイテムとして売られていましたよね。

 

チョコチップ
そのペナントの四角いビルの正体は?

「あつまれ 動物の森」で見られるペナントに描かれたビルは、実は任天堂の本社ビルをモデルにしているかもしれません。

 

このビルはゲーム内で特定の位置にロゴが描かれており、これが京都にある任天堂の本社を示唆していると考えられます。

 

 

さらに、ゲーム内の「夏祭り」イベントで登場する一部のアイテムは、京都の「キモノフォレスト」と酷似したデザインの光るポールを含んでいました。

 

これらはプレイヤーから美しいと評価され、多くの人がそれを使ってゲーム内でデコレーションしていますが、その背景にある京都への言及に気づくプレイヤーは非常に少なかったです。

 

こうした細部にわたる参照は、京都に精通している人々にのみ認識される、ちょっとしたマニアックなトリビアとして楽しまれています。

 

 

まさま
任天堂のゲームには、地名をキャラクターや場所の名前に隠し味として加えることがるんだよ。

 

例えば、「ピクミン」シリーズの「ホコタテ星」は、任天堂が位置する京都市南区上鳥羽鉾立町(ほこたてちょう)が名前の由来である可能性が高いです。

 

また、「ファイアーエムブレムif」に登場するキャラクター「モズメ」に関しても、彼女の名前はかつて向日市に存在した「物集女町」からインスピレーションを得ていると言われています。

 

これらの名前は、それぞれのゲームの背景やキャラクターに深い地域色を与える要素として作用しています。

 

Nintendo KYOTO

「Nintendo KYOTO」は、2023年10月17日にオープンし、任天堂の代表作である「スーパーマリオ」、「ゼルダの伝説」、「どうぶつの森」、「ピクミン」、「スプラトゥーン」といったシリーズの公式グッズを豊
富に取り揃える店舗です。

 

 

商品を直接見たり触れたりして購入できるこの場所は、ファンにとって魅力的なスポットです。

 

京都市に設けられたこの新しい店舗は、東京や大阪に続く第三の位置にあり、特徴的なドットパターンのデザインが内装に施されています。また、店内では「Nintendo KYOTO」のロゴが入った特別な限定アイテムも販売されています。

 

さらに、京都高島屋S.C.の専門店エリア「T8」の1階には、パイプから顔を出すマリオの巨大な彫像が設置されており、屋上ではゴールポールにぶら下がるマリオの彫像が設置されています。

 

建物全体を活用した展示の一部として、来店者は特別な体験ができます。

 

ニンテンドーミュージアム

ニンテンドーミュージアムには以前「宇治小倉工場」がり花札やトランプの製造をしていましたが、2016年に閉業しています。

 

跡地には展示と体験を行う観光施設ニンテンドーミュージアムが現在建設されいます。

 

ニンテンドーミュージアムが宇治に開設される予定ですが、宇治には二つの任天堂施設が存在しています。一つは日産学園と宇治陸自駐屯地の向かいに、もう一つは天下一品の隣に位置しています。

➡ニンテンドーミュージアムは天下一品の横にある任天堂の方に建設されています。

 

ニンテンドーミュージアムのオープンは2024年秋の予定です。

 

合わせて読みたい

任天堂の聖地!京都にニンテンドーミュージアムがオープンする日が待ち遠しいですよね。   今までに任天堂で販売された色々な製品が展示され、任天堂の歴史が実際に目で見ることができるなんて、老若男女の方がこのオープンを楽しみ[…]

合わせて読みたい

 ニンテンドーミュージアム京都にすごく行きたい。でもオープン時は人が多いだろうな…。 プレオープンが開催されるならプレオープンに行きたいですよね。早めにプレオープンの情報を知り、ニンテンドーミュージアムに行けるよう[…]

合わせて読みたい

ニンテンドーミュージアムは入場するには予約が必要なのか?入場料はいくらなのか? 分からなければ、旅行の予定も立てれないので、詳細は非常に気になる所ですよね。 […]

 

 

まさま

ニンテンドーミュージアムは最初に立ち寄るべき場所です!

 

ニンテンドーミュージアムでは、多彩な展示と体験ができる観光施設として知られていますが、展示の全規模はまだ明らかにされていません。

 

訪れる際は、少なくとも2時間は見て回ることをお勧めします。スケジュールは余裕を持って計画していく事をおすすめします。

 

日本だけではなく、世界中の任天堂ファンが集まってくることは間違ないですね。

 

京都の魅力は更に変化していきそうです。

 

まさま
豆)工事前にこの土地を地面を掘り起こして調査していると、弥生時代の集落跡が発見されたそうです。

 

エディットモード

聖地巡礼の際には立ち寄ってもらいたいショップを紹介していきます。

 

京都にある「エディットモード」は、任天堂とライセンス契約を行うアパレルブランドです。

 

 

任天堂株式会社よりライセンスを取得されています。

 

ライセンス契約は1アイテムごとのため、今でも新商品のたびに企画書を提出し、契約を結んでいるそうです。

 

まさま
それを20年されているってすごい……

 

「自分が子どもの時に感じたわくわく感みたいなのを共感してもらいたい」を気持ちを大切にされて、どの商品にもゲームファンの心をくすぐる細かいこだわりが詰まっています。

 

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂が「任天堂の聖地」と呼ばれることは一般的ではありません。

 

しかし、任天堂と平等院鳳凰堂には面白いお話がるんです。

 

任天堂の前身は、1889年に創業された花札を製造する会社で、その花札には平等院鳳凰堂がデザインされたものがありました。

 

これは「任天堂の花札」において、平等院鳳凰堂が描かれた「鳳凰」という札が含まれているためです。

 

ただし、この事実が平等院鳳凰堂を任天堂のファンや従業員にとって特別な意味を持つ「聖地」として位置づけるわけではありません。

 

平等院鳳凰堂自体は、平安時代に建てられた仏教寺院で、日本の国宝及び世界遺産にも登録されている歴史的な建造物です。

 

まさま
観光や歴史的な見地から非常に価値のある場所されていまので、観光されて見られてはどうでしょうか?

カービィのまんまる手作り最中

「カービィのまんまる手作り最中」作っている鶴屋吉信は、京都市上京区に本店を構えています。

 

 

カービィの最中はオンラインでいつでも購入可能ですが、近くに来た際には、本店に立ち寄って、美しい日本庭園を楽しむ時間を過ごすのもおすすめです。

まとめ

  • 任天堂に関連する京都の聖地巡礼スポットとしては、旧任天堂本社ビルがホテル「丸福樓」に改装されており、任天堂の歴史を感じることができる特別な場所でし。
  • 京都国際マンガミュージアムでは、時折任天堂のビデオゲームに関連する展示が行われることがあります。
  • 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のゲーム開発において、京都の地図が基になっており、そのスケールと地理的要素がゲームの世界観作りに役立ったと開発ディレクター藤林秀麿氏が明かしています。
  • 任天堂のゲームには京都ネタが隠されており、「ピクミン」の「ホコタテ星」や「ファイアーエムブレムif」のキャラクター「モズメ」の名前が京都に関連する地名から取られているなど、ゲームの背景に地元の文化が織り込まれています。

 

これらの情報は、京都と任天堂の深い関連性にていて書いています。ファンの皆さんの新たな発見のになると嬉しいです。

広告